11月1日は「警備の日」

警備業は、犯罪や交通事故の防止などを担う生活安全産業の一員として、社会貢献を果たしながら業界も発展してまいりましたが、警備業法が施行された昭和47年11月1日にちなんで11月1日を「警備の日」と定め、安心・安全を提供する業界として皆様に一層の浸透を図り、信頼を得られる事業活動を展開してまいります。
クリックしていただきますと、(一社)全国警備業協会の「警備の日」特設ページに移動します

タイトルとURLをコピーしました